投票
志免Jackass BasketBall Club - 10年11月03日
FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■10年11月03日

この日は市民リーグの試合。
しかもダブルヘッダー。

当然相手は2チームとも格上なので
厳しい連戦を強いられることになると予想。

1試合目 PEAKABOO戦。

各個人がかなりハイスペックなチームなので
チーム力は圧倒的に相手が上。
リゲルスのガードとかおるし。

当然相手の高確率なアウトサイドからのシュートは
確実にリングを通過していくが
「朝の1試合目」というのが身体的に厳しかったようで
こちらの足に若干ついて来れていない感じだった為、
うちは動きで食らいついて行く形。

中盤からうちの動きが鈍り点差が少しつき始めたあたりで
ガードのツバサにドライブでかき回せの指示出し。
その結果、ケンサクとシンペイがパスを貰いやすくなり
基本的にアウトサイドが得意な二人は確実に決めていく。
その結果点差を縮め相手と完全にがっぷり四つの状態で
最終クウォーターに突入。

最終クウォーターは完全に着かず離れずの状態。
最後の1分まで同点→2点差→同点を繰り返す。

結果として最後は少し離されて負けてしまったが、
最後「確実に点を獲る」というプレーをしたPEAKABOOは強かった。

的確な指示を出せなかった自分は責任を感じる。

68 対 75



2試合目 ブレイズ戦。

ジャッカス他でも練習で顔を合わせる松本くんがいるチーム。
その為若干ではあるが前情報を貰っていた。

「絶対的エースがアキレス腱断裂で戦線離脱。」

キタコレ。

しかも相手はその前にPEAKABOOと戦い、
大差を付けられるなど体力的な消耗も見受けられる。
各メンバーのプレイスタイルも把握した。

しかしいざ試合が始まってみると
10点近くビハインド。

どうやらPEAKABOOは
2試合目のほうが調子が良かったというだけで
ブレイズが弱いという訳ではなかった。

だが相手の攻撃をペネトレイト&インサイドにほぼ限定。
その為、動けるツバサを相手のポイントゲッターにあてがい、
俺もマッチアップを捨ててペイントゾーン内のケアのみに集中。
相手の動きを封じる作戦に変えた。

攻撃面では俺、ケンサク、シンペイのアウトサイドの確立が高く、
その結果インサイドメンバーのイマイ、トシキも仕事がし易くなった。

2試合目ということもあり
体力的には非常にきつい試合ではあったが、
足で負けないように走りまくった結果が大差での勝利。

95 対 76

悔しいがまたもや100点の大台には届かず。


両試合とも勝っていれば残留以上の可能性もあったが
残す1試合及び他チームの結果待ちで
「残留を目指す」方向となってしまった。

ていうか8時30分から会場設営と聞いていたのに
9時に開場とはどういうことだ。
1、2試合目の関係チームは全員待ちぼうけやぞ。ボケッ。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ!

最近のコメント

データ取得中...

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ライジング福岡

ゴー!ゴー!ライジング!! ライジング福岡 プロバスケットボールチーム 地元チームを応援しよう!

携帯用QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。